2018-04-01

Netflix で『あいのり:Asian Journey』と『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』を観るだけの日々が三日続いた。今までは斜に構えてこの手の恋愛バラエティは観てこなかったが、実際に見てみると案外面白い。「男性/女性ならこうあるべき」みたいな古臭いジェンダー観は少々厳しいものではあった。どちらも基本的に脚本のあるドラマとして視聴しているけれど、世の中の若い男女ってあんな感じに憧れやら共感を抱いたりしているものなのか?鬱屈とした日々を過ごしている人間にはよくわからない。ともかく、なんとなく視聴したものが思いの外面白かったので、日常にノイズを取り入れる意味でも興味関心の薄いものにも一度触れてみることは重要なのかもしれない。

 

とはいえ、恋愛バラエティばかり見ていると元の生活に戻れなくなる気がしてきた。バランス感覚を取り戻すために『ブラック・ミラー』のS1E1を視聴した。気分が落ち込んだのでさっさと寝る。